霊界メッセージ

私の守護霊様から教えて頂いた霊界からのメッセージをご紹介していきたいと思います。霊界関係の本を見て学んだことではなく、自分で気が付いたことで、それはすなわち私の守護霊様から教えて頂いたことです。私は中学時代に「魂とは」とか16才で既に「人を殺したり、意地悪する人って魂が新しいんだ」とか考えていたり、二つの名前を付けて、それに何かあれば相談や話し掛けていたりと世間一般からすると、ちょっと変わった子ではありました。高校1年生の時は真剣に自殺を考えた程精神に悩みを抱えていました。人間関係にすごく悩んだのです。実際私は人見知りしないすごく明るい性格なので、私は人があまり好きじゃないって言うと友達はみんな「えええええ~!ジョ-ダン止めてね」って言うのですが、内心はすごく悩みやすい、物事を深く考え過ぎる性格ででした。あと相手の気持ちをすぐに読み取ってしまうので、それで分り過ぎて人間関係が嫌いで、人が嫌い自分が嫌いだったのです。でも霊界のことを知ってからはそれはなくなりましたけど。今は人って前よりとっても好きですし、自分も好きになれました。(^^) 霊界の法則はどの霊界関係の本を読んでも一律に同じことを言っています。それはそうで、霊界の法則は決まっていることなどでそうなるのは当たり前であり、だからこそ確信出来るものであるという証明です。いろんな霊界の方が話していらっしゃるものを読んだりしましたが、どれも基本は一緒なんです。なので私の守護霊様のメッセージも一緒のこととなりますが、新たな発見もあるかと思うので、ぜひ読んでみて下さい。

*** *** ***

この世に偶然はない
「私の体験談」でも書いていますが、この世に偶然はないということを教わりました。全て自分の学びの為にある出来事です。今日道を歩いていてすれ違った人や、レストランで隣の席に座った人達などもちゃんと計算されてあなたの近くに現れているのです。大工仕事しようと思い、ケガをしました。それも偶然ではありません。全てに意味があるのです。リストラでくびになりました。それもちゃんと意味があって偶然ではないのです。なので、どうしてそういう事が起こったのか、偶然でないなら何の意味が自分にあるのかを内観することが大切です。内観するということはまずその事実を受け入れることから始まります。リストラされたり、結婚が出来なかったり、子供が授からなかったり、「自分は最悪だ、なんで私だけこんな目に!幸せなやつらを恨んでやる~」なんて思うかもしれません。その恨んだ気持ちは必ず因果応報にて自分に違った形でも返ってきますのでダメですよ。まず、現実を受け入れること。「仕方ない」と先に思って下さい。とにかく仕方ないので。そして「では次に私がすべきことは何なんだろう。何をすべきなんだろう。そしてどうしてこういうことが起こったのだろう。私になんの学びがあるのだろうか」まで考えられたらすごいです!全てに偶然はないことを知ると自分を蔑(さげす)んだり、自分を嫌いになったり、人を妬(ねた)んだりすることがなくなります。(私は以前自分が嫌いでした。どうして私だけ、私だけという思いがあったのですが、全て学びの為の必然的なことだと知ると、人の目も気にならなくなりましたし、自分は自分だと思えるようになりました。全てを受け入れています。そして与えられた出来事全てに感謝しています。)

人は必ず恵まれたものを持っている
私には結婚を約束した人がいました。その人と長く一緒に住んでいました。将来は結婚して子供を持ってと夢がありました。でも、それは現実にはなりませんでした。年齢も年齢だったので、今から1人に戻るのは大変な勇気であり、人の目も気になりました。人生終わったと思いました。子供を生むにももう限界がありましたし、子供はもう一生産めないのだと、ほんとに人生終わったと思いました。その時は守護霊様はいるということは事実分っていたのですが、まだはっきりと霊界のことは知らなかったので、人生最悪、私はそんな悪人でもないのに、世の中には他に悪人一杯いるのに、どうして私には普通の幸せが来ないのか!と全ての人達を恨み、自分の人生も恨み、もうどうでもいい、死んでやる!なんて投げやりになってました。でも人って生きるしかないんです。どうしようもないのです。なのでまずその事実から受け入れました。少しづつ少しづつその現実を見つめていきました。自分がどん底になった時は、自分は不幸だ不幸だと考えるのではなく、まず、自分の恵まれている所を挙げていくのが大切なのです。それも守護霊様から教わりました。絶対に人はそれぞれ恵まれているところがあります。そこを自分で挙げて行くことです。私はほそぼそながらでも自分で会社を持って好きな仕事をさせて貰っています。また両親は健在で、元気に楽しく暮らしています。私の住む賃貸の家は駅の近くの高級住宅街にありながら、かなり昔に引越して来たので、値段は当時のままにて格安にて住む事が出来ていること。私は人との出会いに恵まれていること。彼には家を出て行って貰ったのですが、すんなり彼も出て行ってくれて恨みつらみで泥沼で別れることはなかったこと。(別れ話から彼に刺されるってこともなきにしもあらずな御時世ですからね。これはほんとに助かりました)そんな自分の恵まれている所を挙げていったら、結構私は不幸ではないということに気付くのです。自分が理想と思う幸せの価値観が現実の運命とずれがあるだけで、私は不幸ではないのです。みなさんも同じです。必ず恵まれたものを持っています。自分が不幸だと思う時や、人生投げやりになりそうな時は、恵まれている事を挙げていきましょう。必ずあるのですから。そしてそれらに感謝しましょう。

背筋を伸ばすと霊界からのメッセージを受けやすい
私は「体験談」の中でも書いてますが、霊界を知るきっかけとなった石の事件がありますが、その2ヵ月程前より、猫背だった背中を姿勢を正して、痩せたいと思ったので、食事の時、歩く時、座る時など背筋を伸ばすように心掛けていたのです。それから石の事件があり、御先祖様と守護霊様から守って頂き、守護霊様の存在を確信したわけですが、背筋を伸ばすことと守護霊様から(霊界から)のパワーを受けることと関係しているとそこで気付きました。(私の気付きは全て守護霊様からのメッセージなのです)それは後々いろんな本を読んで、私の考えが肯定されることとなります。チャネリングや瞑想をする時におへその下あたりに力を入れて気持ちを集中させると霊界との波長と繋がりやすくなるそうです。背筋を伸ばすと自然とそこに力が入っているのです。みなさんも健康の為もありますが、猫背より背筋を伸ばすことを習慣づけると守護霊様からのメッセージを受けやすくなります。がんばってやってみてください。

幸運と不運は紙一重でいつも一緒に存在している
どん底に陥った時、大いなるチャンスが紙一重でそこにあることに気付くことです。私は彼との破局にて、ほんとに人生終焉?って感じのどん底でした。私の希望、人生全てが崩れ落ちたのです。(特に女性ですから子供がもう持てないと分った時が一番ショックでした)その時に悩みに悩み抜いて、色々自分なりに模索した時に、違った世界を見ることが出来、今まで見てなかった違った面から周りを見ることが出来るようになりました。霊界のことを知れたのもその一つ。これは大きなチャンスだったのです。どん底にある時こそ、すごく大きな人生のチャンスも来ているということなのです。どん底とチャンスは紙の裏表でいつも一緒にくっついています。

現世は唯一の魂の成長の場
現世はフェアではない事が沢山あります。正義は負けることは一杯です。でも、霊界ではちゃんとそれを見ていて、霊界では絶対のフェアがあります。現世で心ないことをした人は霊界にてそれなりの生き方しか与えられません。魂の本来住むべき世界は霊界なので、そこでの生活は重要です。そして、それはこの現世での行いによって決まるのです。霊界に一度行ってしまうと、そこでは魂の成長出来るカリキュラムはありません。魂は成長出来ないのです。したくても出来ないのです。魂が成長でき、学べるのは、唯一この現世だけなのです。なので成長したい魂はまたこの世に戻ってくるのです。なぜ成長したいのでしょうか。それは魂にも階級があるからです。私は階級というレベル付けは好きではないですが、魂の成長によってレベルがある事実は受け止めないとなのです。上の階級に行くほど、至福度も高くなり、本来の魂の源へ(源とは現世で言う神という感じ)帰っていけるからなのです。これが魂の目指すゴールであり、霊界全体のゴール。なのでこの世に生を受けたと言う事は、選べれている魂であり、守護霊達や霊界の人達みんなの期待がかかっているのです。成長出来るチャンスを頂いている貴重な人生と知るべきです。なので霊界の人達の期待を裏切らないような人生を送るべきなのです。

例えば自分は一生お金や地位、名誉に恵まれなかったとしても、自分に正直に人にやさしく接して人生を全うすれば、それは霊界では大成功で迎えられます。この世では「あんなお金もなく地位もないヤツなんて」と思われて人生の敗北者と思われていた人でも、心に成長があれば、死後あなたは成功者なのです。現世は物質社会というかりすまな世界であり、ほんとの勝負は魂の勝負であり、霊界では絶対のフェア(正義)があるのです。現世の物質的観点(容姿も含みます)から物事を見て人を判断しないことが大切であり、自分も物質的な見方で自分自身を蔑(さげす)むことはしないように。また、反対に傲慢にならないように。

注意:霊界に戻ると現世での記憶はもちろん残っていますし、前世での全ての記憶、そして霊界の全ての記憶が戻ってくるので、自分が行った善悪についても見せられることになり反省をする機会は与えられ、また知識を学ぶ教育(ちょっと良い言い方が見つかりませんが、過去に忘れた知識を思い出す復習教育とも言える)は自分次第で受け、勉強することは出来るのです。しかし、魂自体を成長させること、霊界内で魂のレベルを上げるということは霊界では出来ません。それはこの世だけでしか出来ないということです。

素直でいる
この世は時として、嘘を付かなくてはならない時や、見栄を張らなければならない時など状況によってあります。しかし、自分がそれを理解しているならば、そういったことも一概に悪いこととは言えません。自分の心(魂)だけには嘘を付かないで素直であるということが基本中の基本。それだけは絶対に忘れないでください。魂にだけは正直な自分であってください。そうすると自然に人にも素直な自分を出す事が出来、素敵な人達が集まって来て、良い関係を築くことが出来ます。

崇拝と尊敬
過剰に特定の人を崇拝することは正しい行いではないと言えます。崇拝と尊敬は違います。人は人を尊敬するまでで十分なのです。ではこの世で神と言われるキリストは崇拝してはいけないのかって思われる方もいるかと思いますが、本当は崇拝ではなく、尊敬すべき人物なのです。彼は神ではないからです。神の使いとして人間になった人だからです。要は霊能力が高い「人間」だったということです。なので、彼の伝えたメッセージ(福音)を尊うことが一番大切なんです。彼が伝えたかった霊界の法則を心から理解することがもっとも大切なポイントであり、キリストもそれが使命だったのであって、彼自身も「自分を崇拝しろ」とは言ってないはずです。「教えを理解しろ」と言ったはずです。キリストを例に挙げましたが、どんな「人間」も崇拝すべきものではなく、尊敬までにとどめることが本来のあり方です。ちなみに江原さんの守護神様「昌清様」が霊界の法則を伝えて下さっていますが、その中で、私達人間が言う所の神は絶対にこの世には降りてこないとおっしゃっていますので「自分が神だ」とか「神が自分に降りて来た」とか言っている人は邪悪な霊が憑いているので危険です。また、法外なお金を要求する人、「これを買わないと不幸になる」とか言う人や団体も危険です。

 

REIKAIDO*A SITE OF SARAH’S SPIRITUAL WORLD
COPYRIGHT©2004-2017 REIKAIDO. ALL RIGHTS RESERVED

ブログパーツUL5